VDarts H4L

より小型に、より静かに、よりスタイリッシュに。

色鮮やかな発光セグメントはそのままに、内部基盤の見直しや新しい丸型フレームの採用による軽量化など、大幅な改良を加えたVDarts H4L。

衝撃吸収性能がさらに上がり、小型の筐体ながら驚くほどの静粛性を可能にした。

今まで通り、今まで以上にダーツシーンが熱く加速する。

直販(振込)から購入

業務用機と同等の発光機構を家庭用機に搭載

Amazonから購入

アーケード機の技術を家庭用機に搭載する事で家にいながらにしてダーツバーそのままの興奮と臨場感を味わえる。

ホームパーティーのプレイでも、ダーツバーと同じ多彩なエフェクトがゲームを盛り上げお部屋を演出する。

多彩かつ本格的なゲームモード

VDartsGameアプリには、家庭用機としては最高レベルの多様なゲームモードがある。

練習メニューは、初心者の練習に「カウントアップ」や、「BIGBULL」も搭載しながら。プロ試験でも必須のSHOOT OUT と同じルールの「Sniper」や「CRICKET COUNT UP」はもちろん「01」でブルセパ、Master Out、Double Out 設定も可能! 一人で腕を磨くもよし、仲間とわいわい楽しみながら切磋琢磨するもよし。

ゲームモードには、定番の「01ゲーム」や「クリケット」の他に、Funzoneではモンスターの体力を減らして勝利を目指す「モンスターズウォー」や上級者が楽しめる「FightingSevsn」など、シーンを選ばないモードが満載。やりこみ要素も十分だ。

また「クリケット」の種類も豊富で、ナンバーがゲームごとにランダムで決定される「ワイルドカード」、ゲーム開始時にターゲットがどれなのか分からない「ヒドゥン」など、プレイスタイルの臨機応変さが要求される。

 

業務用機とユーザーデータを共有

アーケード機でも自宅のプレイデータを反映してフライトや成績がリンクする!


ダーツバーでも家で投げている本来の実力がダイレクトに反映する!

 

製品概要

ターゲットサイズ15.5インチ
外寸 横58.5cm 縦60.5cm 厚さ5.7cm
本体重量4.5kg
電源ACアダプター使用
プレイ人数1~4人
ネット対戦 可能(501、701、クリケット、カウントアップ、スナイパー、ティクタクトー)
盤面LED表示フルセグメントカラー発光
アウトボード感知あり(アプリにて感度設定可能)
使用端末iPhone、iPad、Android端末(スマートフォン、タブレット)
通信方式Bluetooth4.0
ネット対戦使用回線インターネット接続(wifi、LTE、3Gのどれか)
リリース2021年6月